このガジェットでエラーが発生しました

2010年5月18日火曜日

アクも味のうち

食材を調理すると出てくるアクはできるだけきれいに取り除く。

この作業って大事なポイントでアクのまわりには旨味もあるから丁寧で手際よくやるとおいしくできる。

(、、、まぁ、面倒だと全部うまみだ!とかきまわしちゃうんだけど、、;)



自然療法のメインであるデトックス(解毒)は身体のアクを取り除く作業。

自分の解釈が不要で滞っているものを排除し、きれいに掃除されれば健康であると思い込んでいたけれど少し違った。

獣医さん曰く『悪いものも必要』☆


これはすべてバランスが大事ということで、たとえば腸内細菌の悪玉と善玉菌があるけど腸内では悪玉も善玉も必要な細菌で、悪玉が増えすぎると良くないけれど全くいないというのも善玉菌の活動に不調を起す。
なので悪玉菌も悪者というだけでなくそこにいる意味がちゃんとあり、
細菌のバランスが崩れると不調が起こる。

除菌や消毒をと推奨され、清潔にしすぎて免疫力が得られないというのも問題だったりもする。

悪いとされる細菌なども完全に排除されてしまうと、からだの防護作用は不要だから働きが鈍る。
そしていざというときに戦う力がないために負けてしまうということがおこってしまう。

なので多少のアクも必要なのだ。



そこで考えた。

人間もよくもわるくもアクがある人は面白みがあって魅力的だ。
アクが強すぎると迷惑にもなるけど。

G-Lは、、面白い。いつ見ても飽きない。へんなところたくさん。たまにカッコいい。
絶妙なバランスなんだろうな~。






                 残雪脇を歩く登山道(米山)


雪が解けてミドリが息吹く様子とブナの新緑がさわやかだった。

山菜も少しだけどあって、山菜は個性的な味がするけどそれがまたおいしいんだよね^^

2010年5月7日金曜日

色とりどり程よい手抜き

自然療法を知りはじめると、今までの自分のしてきた事にたいして『しまった~』とか『なんてことをしていたんだ』とかと思うようになる。


じぶんの場合は生活習慣、生活スタイルを見直したときにこれじゃあ病気になるよねということが多々あり、「G-Lちんごめんなさい、バカな飼い主でごめんね」と謝ってもどうしようもない事態になっていて心底反省。 そして早急の改善をしていった。


改善をはじめると、あれもダメ、これもダメじゃん!! ということにもなってくる。

食事・水・投薬・トイレチェック・空気(排ガスや農薬など浮遊物質)・電磁波、、、、、;

これら全てを完璧に!なんてことは相当困難なことだ。

実際、ホメオパシーを使うとレメディは手で触ってはいけない(別のエネルギーが入り込んでしまう)とかあり、多少今までの薬の感覚とは異なることがでてくる。

電磁波も身体に悪影響を与え、レメディも影響を受けるから電化製品に動物も薬も近づけないようにと注意が必要になってくる。
が、実際問題この電磁波を完全にカットなんてことは現代の生活をするならばほぼ不可能。


自然療法をはじめて、動物も人間も窮屈でストレスだらけになってしまうならこれは自然療法の目的とはかけはなれてしまう。

だから各自で思う、これは必要ない排除しよう改善しようという程度の気持ちでもOK!
わざわざ良くないと知っていることを多用することもないでしょうし。


獣医さんとの会話の中でも何度かこんな話題がでていて、
飼い主さんの気持ちがこうでなくては!とキチキチの時よりも、まあいいかとかと程よく力の抜けた適当さが出てくると、不思議にペットのほうも調子が改善されてくると言っている。

ガンだから、猫だから、犬だから、アメショーだから、チワワだからこうしなくちゃいけない。こうなんだ。というワクにはめ込みすぎないで、うちのコはこんなタイプとかそのコ自身の性格や特徴をよく見てこうしてあげたいと判断するのが最適、これが愛情。
だから飼い主さんの愛力が、アレンジ力がすべてを左右するのかも。


ちなみにじぶんは説明書どうりにこなせないタイプで、あれこれと試行錯誤をして最後に説明書を理解するという、ほんと面倒な人間だ。



♪~ 僕らは自由を~ 僕らは青春を~
  気持ちの良い汗を けして枯れない涙を~
 
  幅広い心を~ くだらないアイデアを
  軽く笑えるユーモアを うまくやり抜く賢さを~ ♪

民生くんもこう歌ってる^^