このガジェットでエラーが発生しました

2011年3月30日水曜日

市販 vs 療法食

2月、3月はじめまで、市販のドライフードを食べさせていました。
http://gltoko.blogspot.com/2011/02/blog-post_1084.html
 (「結石の食事」)


結果報告。
 
市販のものを食べさせた結果
 *便が硬くなった(コロコロ便)、毎日排出。
   硬めなのでオリーブオイルをたまに食事に混ぜてあげていた。
 *食欲は変わらないが、ダラダラ食い。
 *尿は、、検査してない。
   色、量、トイレ時の様子からは問題なさそう。
 *体重は大きく変化はなし。

いま病院で買う結石の療法食に戻したところ、
 *便の状態はスルッと1本に戻った。
 *食欲はガツガツと食べる。
 *尿は、、変わりないんじゃないかな。。;


結石ケアのフード実験?、肝心の尿の様子があやふやとなってしまった;
 (こんなレポート提出できないよね、、)
通院前に尿の採取ができず、これ以上実験はしないので結石の様子はわからずです。



中途半端な結果のようですが、
市販のシニアドライフードよりも院内処方食のほうがジールには良いということははっきりしました。

☆ドライ以外に魚・野菜などもいつも食べています。
 最近は煮た魚よりも焼いたほうがよく食べてくれる。
 野菜は数種mixよりも単品でごはんに添えたほうがパクパク食べる。



ドライフードによって便の色、尿の色が変わるのはジールの排泄の様子から見て知っていましたが、便の硬さも変わってくるんですね。
踏ん張らず、スルッと出るほうがいい☆

2011年3月25日金曜日

放射線(発ガン性物質)から身を守る方法

放射線汚染から身を守る方法。

・・・・、遠くに避難する。

これが賢明だろうが、他にはないのか??
いざとなったら逃げるしかないようなものを人間は作っているのか??
疑問は尽きない。



サッとその土地を離れることができない人達はたくさんいる。
また、自ら汚染地域へ向かう頼もしい人達だってたくさんいる。

海洋、土壌、空気の汚染。


自分たちも放射線を完全に避けてすごすことなんてできない。

ならば放射性物質を溜め込まない身体にしていくしかない。

G-Lの治療のときと同じようにからだの流れを整えて排出・修復するからだ作りに励もう。
そう考え、やはり食事が重要なのか・・・なにも特別なことじゃないんだけど、、いいのか??
と、一人考えていた。



http://archive.mag2.com/0000265043/index.html
  ↑いつも届くメールマガジン

日本人らしい食生活をしていれば大丈夫よ^^☆ と、後押ししてくれるような内容でした。



日本独自の調味料『味噌』
こうじ菌が身体に良い事、
また素材をおいしくしてくれることはみんな知っているよね。
塩麹も少し前から流行りだしているよ。

海草やシジミ、これからの季節は山菜だってある。
 *(からだの毒素を排出を促がしてくれる食べ物)

被害のない土地から水、海産、農産、畜産物と流通すれば食糧不足にもならない。


難を逃れようとあくせくするよりも、
自ら自分を守り備わっている力を引き出すことは誰にでもできる、いつもできること☆と思う。



放射物質以外でも発ガンを誘発する物質はたくさんある。
それと同じにいま考えていいものなのかわたしにはわからない。
それでも、日々取り入れる食事を意識することは間違ってはいないと思う。


長崎、広島の原爆を経験された方のお話を聞きたいな~。
どうすごされていたのでしょう。

2011年3月23日水曜日

11’3月22日

地元の動物病院へ行き、オゾン注入とホモトキシコロジーを注射。

体重4.8kg  (普通)


体重を量り、いつものカゴから出た状態で注射をしてみたら、、もの凄く嫌がり怒った;
「わかったよ、自分の場所がいいのね、」 とカゴに入れ、いつもどうりに注射した。

その後にオゾンをおしりから注入。
オゾンはいつもカゴから出して注入する。

注射だってカゴの外でも大丈夫なハズなんだけどな~。。




獣医さんとのお話で、福島からこちらへ非難してきている中にネコちゃんもたくさんいるそうです。
環境が変わり、トイレがうまくできないらしい。
そして連れてくる方法としては、バス移動でなく自分で車を運転して連れてきているそう。
小さいコなら袋にポンと入れて連れて行けるけれど、
大きいコはそうもいかない。トイレなど準備して自分で移動しなくてはならないという。


まあ、そうだよね、、しかし連れて行くことはできる!
わたしは今までG-Lの非常用準備を全くしていなかった;;

*緊張状態でも口にしたくなるG-Lにとっての特別食、缶詰。(何でも食べるので簡単である)
*トイレシート
*折りたたみできる箱×2(不織布とかだったら軽くて良さそう)
   :G-Lの居場所用
   :トイレ用
*リード


これだけは準備して備えておこう。




揺れても平気さー。



カゴがあれば大丈夫、ひとりじゃなければ大丈夫!  
一人お留守番は苦手なG-Lさん。


動物は災害のとき自分で安全な場所をみつけて動くから意外と大丈夫なんだよ~。
という体験話も聞きますが、きっとG-Lはオロオロするだろう^^;



病院を出て車に乗り、動き出すよというあいだにG-Lは後部座席の箱の中でトイレ姿勢。
「えっ、もう?今ですか?」 と思う間に踏ん張り態勢になりUNコちゃん排出。
オゾン注入で刺激されちゃったのね;



震災の救援復興、わたし個人では大したことができないけれど小さなできることをし続けよう。
そしてできることを増やしていこう。
いつでも動き行動できる柔軟な自分でいられるよう日々準備し勤めたい。
 (仕事や人間関係、健康、、なんでも同じなんだな~とつくづく思う)

2011年3月18日金曜日

富士




澄んだ空、湧き出る恵みの水。

霞み(朝もや)で、ハッキリとは見えない富士山、
それがまた想像をふくらませ近くへ行きたい!と引き寄せられる。

そしてとても神々しい。 



富士山はどっしりと悠々しいからかな? 
いつ見ても魅力的。
きれいとか見た目だけでなく心にも何か入ってくるのですごい存在だなといつも思う。




富士のある国、日本。

どんなことも、底力と愛情と知恵☆で乗り越えられるハズ。

みんながんばろう。

2011年3月14日月曜日

震災お見舞い申し上げます

東日本巨大地震


想像を絶するほどの各地の被害状況をニュースで見るたびに、被災された現地の方々の心痛に心よりお見舞い申し上げます

そして命を落とされた方とご遺族の皆様へ心よりお悔やみ申し上げます


震災各地、この日本が悲しみと痛手を乗り越え新たに立ち直れる日を願いながら
生活していくためのライフライン確保のために微力ながらも協力します。




日本の安全基準は高い!地震に馴れている!とのほほーんとしていましたが、想定以上の地球エネルギーの動きに驚愕しました。

地球さん、今まで小出しで振動してくれていたじゃない?どうしたの?と聞きたくなります。
日本が2メートルくらい移動した、、とか、十日町の観測点が3じゅう何センチ動いた、、とか

プレートの移動は地球が生きている証。そしてあたりまえの動き。
できるだけお手柔らかにおねがいしますね。




私観はさておき、

救助・救援物資が震災に遭われた各地の方々へ届き、すこしでも暖かくすごせますよう願います☆

2011年3月13日日曜日

震災、今できること

各地で大きな震災被害が出てしまいました。。

どうか大切な人と連絡が取れますように☆


こちらは大きな揺れで心細くなったりしたけれど、通常どうりにすごせています。
G-Lは動じていないような、、、おそらく平常心^^



いま個人でできること、いくつか考えていましたがそれ以上にいろいろとあるんですね。
   http://henatekikai.at.webry.info/201103/article_6.html


ひとり一人のちょっとした意識と行動で防げることはたくさんある。
いま、そしてこれからのために今できるちょっとしたことをし続けよう。

2011年3月7日月曜日

ぬくぬく

おだやかで陽が射す日が多くなり、日向ぼっこが気持ちよい。




お昼寝中 zzz..

この姿を見ながら、ヨガ(ストレッチ)をする。

ポカポカの日差しとジールの姿で癒され簡単な運動でからだもスッキリ。
最近のホッとタイム。 








夜は冬場の定位置で暖をとるG-Lさん。 ↑↑↑



ジールは昨夜、今朝とクシュ、クシュッと、かわいらしい音のクシャミをしていた。
・・・花粉症か?   鼻水を拭くと治まるから平気なのかな。

2011年3月3日木曜日

チェンジ☆

ブログのデザインが変わりました。



・・というかバックアップをしていなかったので以前のテンプレートが消えたのです。。

色彩だけ変えようといじっていたら失敗 ^^;


昨日はブログが表示されず、消えたかと焦りました。


まだ作成途中です。 この記事もちゃんとアップされるのでしょうか?
作成が落ちつくまで見苦しい点が多いですが、どうなるのか待っていてください。

いまのところカラフルでパステル調。 ポップでまとめるのか?? 
自分でもまだ未定なんです^^