このガジェットでエラーが発生しました

2011年3月25日金曜日

放射線(発ガン性物質)から身を守る方法

放射線汚染から身を守る方法。

・・・・、遠くに避難する。

これが賢明だろうが、他にはないのか??
いざとなったら逃げるしかないようなものを人間は作っているのか??
疑問は尽きない。



サッとその土地を離れることができない人達はたくさんいる。
また、自ら汚染地域へ向かう頼もしい人達だってたくさんいる。

海洋、土壌、空気の汚染。


自分たちも放射線を完全に避けてすごすことなんてできない。

ならば放射性物質を溜め込まない身体にしていくしかない。

G-Lの治療のときと同じようにからだの流れを整えて排出・修復するからだ作りに励もう。
そう考え、やはり食事が重要なのか・・・なにも特別なことじゃないんだけど、、いいのか??
と、一人考えていた。



http://archive.mag2.com/0000265043/index.html
  ↑いつも届くメールマガジン

日本人らしい食生活をしていれば大丈夫よ^^☆ と、後押ししてくれるような内容でした。



日本独自の調味料『味噌』
こうじ菌が身体に良い事、
また素材をおいしくしてくれることはみんな知っているよね。
塩麹も少し前から流行りだしているよ。

海草やシジミ、これからの季節は山菜だってある。
 *(からだの毒素を排出を促がしてくれる食べ物)

被害のない土地から水、海産、農産、畜産物と流通すれば食糧不足にもならない。


難を逃れようとあくせくするよりも、
自ら自分を守り備わっている力を引き出すことは誰にでもできる、いつもできること☆と思う。



放射物質以外でも発ガンを誘発する物質はたくさんある。
それと同じにいま考えていいものなのかわたしにはわからない。
それでも、日々取り入れる食事を意識することは間違ってはいないと思う。


長崎、広島の原爆を経験された方のお話を聞きたいな~。
どうすごされていたのでしょう。

0 件のコメント: