このガジェットでエラーが発生しました

2010年1月24日日曜日

天仙丸5号 

天仙丸5号 主成分
 ・天南星・貝母・天門冬・厚朴・魚腥・半枝蓮・半夏・甘草・朝鮮人参・黄蓍・


漢方生薬の名前はムズカシイ。

この生薬を近所の漢方薬局にて調合してもらい数ヶ月間飲ませていました。



『帰耆建中湯』がなくなったので近くの漢方薬局に相談をしに行ったところ
「漢方薬を調合したりお渡しすることは出来るけれど、診断して薬を出すことはできないから、何がいいか自分で勉強してからまたおいで」と言われました。

漢方のしるべという小紙を渡されて帰宅しG-Lにどんなものがよいのか考えた。

漢方の気・血・水のことも組み込みながら考えた。
考えれば考えるほど医療に無知すぎてわからなくなり、
こう望むという気持ちさえもあやふやになってしまった。


そこでガンに効果のありそうな漢方や情報をあれこれと検索して『天仙丸』がでてきた。

『天仙丸」で検索すればすぐに出てくるだろうけど、とてもあやしげ。
あやしいのにやたらと値段が高い。
高額だからそれだけ効果抜群なのか!?とも思ったりもしたけど、お試しにと買う気にはなれなかった。


漢方・ガン検索では、キノコから抽出し免疫や抗がんに効くというものや活性酸素を除去するというような薬がいくつかでてきた。もちろん漢方獣医さん情報も。

それでもこの天仙にくぎつけになったのには
天仙丸は2号とか7号とかとあり、‘いろんなタイプのガンにそれぞれが対応しているようだ”ということに惹かれたからです。


この5号は  ;解毒・消腫瘍・鎮痛作用のある生薬の配合で、
        ;肺炎・肺腫瘍などの治療効果が高く、
        ;肺ガン・咽頭ガン・鼻咽頭ガン・転移性脳腫瘍・耳目ガン・唾液腺ガンに適応する。


これはG-Lの今とこれから先の不安をぴったりとカバーしている。
高額であやしさあふれているけれど、魅力的!

、、ということで主成分生薬を書き出し、薬局で調合してもらうことにした。


漢方は調合というか配合の割合が重要らしいけれど、そこはおじさんにおまかせ。
生薬の中には日本では手に入りにくい?ものがあると言っていたけど、それに代用する生薬もおまかせ。  おじさんの勘と腕と気持ちにおまかせです。

漢方薬は調合され顆粒のものや粒状のもの、生薬を煎じるものとあるが、
煎じて服用するのが漢方療法としては正しく、効果も現れ易いとのこと。
そして深い病気だからこそ煎じていただく。
手間もかかるけれど、その手間で愛情注入もされるんじゃないかと個人的に思う。



そして効果はというと、、はっきりとはわからない。

地元病院からの抗生物質とピロキシカムと併用の投与。

腫瘍は劇的に拡大することはないけど、小さく後退するようでもない。
じりじりとすこ~しづつ鼻を圧迫している。
けれど幸いな事に食欲はまったく落ちず、かえって体重は増加していた☆

体重が増えているので体力は落ちていないということがわかる。
なのでG-Lの身体は腫瘍に負けていない侵されすぎてはいないということもわかる☆

実際、血液検査の数値では異常はみられない。


漢方を試してよかったと思う。
けれど、鼻の腫瘍は鼻腔すべてをふさぎ鼻の穴も7㍉、8㍉、、と直径が広がる。
人間だったら、、。
何も言わず懸命に息をし、なんでもパクパク食べるなみだ目のG-Lを
なんとかしなくちゃ!と再びスイッチが入る。


そして、自然療法のホメオパシーがよいのでは?というアドバイスを頂いたのを期に
ホメオパシー治療に入りました。

0 件のコメント: