このガジェットでエラーが発生しました

2009年2月8日日曜日

09’2月8日 

現在の様子


食事;モリモリ食べる

運動:よくじゃれる・走る・遊ぶ

便; 良好 におい少ない

尿; 良好 日に2,3回

分泌物; 涙(食事の時は特に)、鼻水 ときどき少し、フケ ごくたまに少し有り。

口の中; 歯石がついてきた。。  においは化膿臭が少し。

鼻の様子; ▽が湿り始めている感じ。 本人右側の穴にはかさぶた有り。

しっぽの腫れ(膿瘍); 完治☆




現在の治療内容


:ホモトキシコロジー注射   (3クール終了休薬中)

:ホメオパシー レメディ    (Prostaglandin E1 6x/Xylene30c 1日2回,F.AIDS200c3日に1回朝)

:ホメオパシー ドロップ   (朝晩)

:ピロキシカム    (1日おき夜1)

:オゾン直腸注入 (だいたい月1)

:リコネクション   (だいたい月1)

:金と銀の力    (たまに)

:自己流レイキ(触っているだけ。愛情注入^^)

:食事  (手作り3/2・ドライフード3/1)

:自分のハート改革




何なのかわからないものが多いと思いますが、

これらで良くなっています。



自分的に意識をしているのは、

お薬の投与間隔をあける ということくらい。

これは何となく一緒(同じ時)より、間を空けたいな~という思いでの自己判断。

なので、投薬を忘れることもしばしば。。  あっ、今日も。。。。。

2 件のコメント:

翔子 さんのコメント...

初めまして。

メールをさせていただいたのですが、届いたか不安なので、こちらにもコメントをさせてください。

我が家の猫はまだ10ケ月なのですが、先月から急に鼻水が多くなり、涙も出始め、医者に通っていたのですが鼻の中のできものが発見されました。(鼻くそがついているのかと思ってました・・・)
まだ子猫なので、悪性ということは考えられないが、白血病、またはエイズの可能性はあるということです。

ですが、私もこの子の体に負担はかけたくありません。
どうか、幸せに、苦しまないで余生を過ごさせてあげたいと考えています。
私たち家族がこの子にできること、治療法などありましたら(また、自然治療の病院の見つけ方など)ぜひ教えてください。

突然のメールとなりましたが、どうぞよろしくお願いします。

じーる さんのコメント...

翔子さん、はじめまして。
10ヶ月の猫ちゃんはピョンピョンと遊びまわって可愛い盛りですね^^

まず、今ある症状が何なのかをある程度確定しないと治療はできないですよね?
血液検査をすれば、白血病・エイズかどうかはすぐにわかります。そして臓器の異常も判断できますよ。

血液検査の結果と日々の様子からこの猫ちゃんのタイプ(性質)がある程度わかります。
血液検査はからだの状態を把握するために必要です☆

鼻のできものも生検と言って針を刺して細胞を取り検査する方法で何なのかを判断もできますが、、血液検査の方がとりあえずは大事です。
余裕があったら一緒に検査してもらってもよいかと思います。

初期の鼻の中のできものならば、もしかしたらレーザーでカット出来るカモ!?しれません。
これがうまくいけばとっても簡単に解決できるかも・・。

自然治療の病院の探し方ですが、動物の病気本の巻末に各地の病院が掲載されていたり、ネット検索したり、紹介してもらったりと方法はあるかと思います。

とにかく、体内の臓器が傷むと連鎖的に苦しいことになってしまうので過剰な投薬は避けて欲しいです。

あとは、猫ちゃんが‘楽しい・うれしい’という気持ちの状態を維持して過ごしてもらうのがやはりベストな猫生ですよね☆
ご飯も栄養価の良いものをあげてくださいね。

p.s:メールは確認できていません。
よければgl.toko☆gmail.comへどうぞ。
(☆を@に変えてください)