このガジェットでエラーが発生しました

2009年2月20日金曜日

食とカラダ (4)

現在の食事


うちではご飯は3食あげています。

ワンコもニャンコも2食で良いようですが、、

人が食べていると欲しがるので、3食あげています。


3食ドライフードという食事におやつとして

きのこや魚を煮たものをあげはじめ、

最近になり、朝はドライフード・昼夜は手作り食になりました。



朝は自分の手抜きです、、そのためドライフードなんです;

忙しい時とかは3食ドライの時もあります。

頑張って手作りを!っていう意気込みはまだ、、ないですね~。



手作りといっても簡単食です。

魚の水煮+野菜の水煮+野菜のすりおろし☆+骨ふりかけ

量も適当です。。  魚:野菜=3:2くらい



野菜のすりおろしは

その日にちょうどある生野菜を小さじ1くらいお皿の上にすりおろすだけ。

(だいこん・にんじん・青菜など)


自分が納豆を食べる時には納豆も小さじ1くらいあげています。

そんな感じで小さじ1の食品は多いです。

(豆腐・ゆで卵・オリーブオイルとか、その時々であげています)



野菜の水煮は

大根・人参・ごぼう・青菜・きのこ・白菜・キャベツ・ブロッコリー・

カリフラワーなど、その時あるもの数種を細かくみじん切りにして

水で煮るだけです。

(これをミキサーでドロドロにするという方法もあります。食べ方の好みなのでしょう。)


1週間分くらいを作って冷凍保存しています。



手作りしてますといっても、

作りおきの魚と野菜に生野菜とか生ものを少し加えるだけです☆

ホント簡単。


一応、ガン対策を意識した食事内容なので、

健康なコはもっといろいろな食材がつかえます。(米・イモ類・鶏肉などなど・・)



手作りしようかなという方、

料理中の味付前の材料をペット用として取り出す。

そんなことから始めると楽かもしれませんね。

食の好みも判断できます。

(ネギ類・生卵・とかあげちゃまずい食材もあるのでそれは注意を!)



うちの場合は

色々なものが食べられるという事はG-Lの楽しみでもあったので、
 
猫が喜ぶ < からだも喜ぶ < 細胞も元気に < 治癒力UP!!!

っていう相乗効果が得られたんじゃないかと思います。


そして、病気になっても体重は減少せず、少々増加してます;
 
 

みんな健康を維持して、病気になりにくいカラダを手に入れて下さいね☆

0 件のコメント: